オンデマンド印刷について

オンデマンド印刷とは

オンデマンド印刷

オンデマンド(on-demand)印刷とは「必要な時に必要な部数を提供する印刷」のこと。従来のオフセット製版で必要だった「版下づくり」の工程がなく、原稿の読み取りから複写・製本までを一貫処理できる印刷技術です。原稿データをダイレクト に印刷するため、スピーディかつ低コスト。特に、少ない部数の印刷に便利にご利用いただけます。

原稿データは、DTPソフトで作成したデジタル原稿が基本ですが、アナログ原稿もそのまま使用できます。一度読み取った原稿データは、デジタルデータで保存。再版や改訂にもすぐに対応します。

オンデマンド印刷機

ニシキプリントでは下記のオンデマンド印刷設備を導入。
■ 「bizhub C6501」(フルカラー/モノクロ) 
■ 「bizhub C450」(フルカラー/モノクロ)
■ 「bizhubPRO1050」(モノクロ)
従来の印刷設備で対応できなかった少部数印刷のご要望にも、きめ細かくお応えします。

bizhub PRESS C7000/C6000 bizhub C450 bizhub PRESS 1052

印刷工程の違い

印刷工程の違い

従来の印刷工程
「製版」から「できあがり」まで、約6日かかります。「組版」なども別途、時間を要します。

オンデマンド印刷
アナログ原稿もそのまま使えるため、工程が大幅に短縮!
従来、6日かかっていた作業が、わずか1日でOK。

オンデマンド印刷を使うと…

必要な時、必要な部数だけ印刷」できるのがオンデマンド印刷の最大の特長。

これまで、「印刷会社に頼むにはちょっと…」と思われていた数十部単位の少数印刷もご遠慮なくお申し付けください。必要部数だけ印刷できるので、不要な在庫を抱える無駄が省けます。

<こんな用途に…>

  • 報告書など、社内用資料
  • 新商品案内・取扱説明書
  • 新規事業・新サービスの案内
  • 論文・レポート
  • 用途別・客先別の名刺  など

急な追加や改訂版にも短時間で対応

一度読み取った原稿データは、MOやハードディスクに保存。アナログ原稿もデジタルデータに保存します。さらに、デジタル原稿の場合、原稿データの受け渡 しはE-mailで送受信できるので、印刷物の急な追加発注にも短時間で対応。原稿を部分的に差し替えた改訂版も簡単かつスピーディーに印刷できます。

<こんな用途に…> 

  • 印刷部数の急な追加
  • 再版時に追加・変更して印刷
  • 部分的な差し替え(カタログ・月替りのメニュー・POP など)
  • 同じ仕様で個別データを挿入(顧客名 など)
  • 同じ仕様で色を変更  など

きれいな仕上がり、仕様もいろいろ

「速い」「安い」が特長のオンデマンド印刷ですが、印刷の質も従来の印刷と遜色はありません。原稿データは600dpiの高解像度で高速再現します。
印刷する紙の大きさも、A3からB5サイズまで幅広く対応。製本も自動化で一貫して行う「ホチキス製本」のほか、巻き表紙付けや「くるみ製本」「中綴じ製 本」にも別途対応。用途に合わせた製本が可能です。もちろん、印刷のみのご要望にもお応えします。

<こんな用途に…>

  • よく使う資料をきちんと製本して保存
  • 見映えを良くしたい(企画書・会報誌・卒業文集 など)
  • 写真やイラスト入れて印刷したい
  • (カレンダー・アルバム・DM・挨拶はがき など)

オンデマンド印刷のご注文承ります!